茶道具買取 大樋 大樋長左衛門

石川県金沢市が誇る、伝統の楽焼といえば、大樋焼でしょう。その楽焼を生み出し、そして現代でも引き継ぎ、受け継ぎ続けているのが大樋家です。初代の大樋長左衛門が生み出した、その作品が多くの伝説を作り続け、そして今も金沢で大きな存在として知られている功労者です。

大樋長左衛門

さて、そんな大樋長左衛門は、河内土師村、現在の大阪の出身であり、京都に出て二条河原町で楽焼の技法を学んでいました。樂家4代一入が師匠でもあり、努力を続け自らの芸術に磨きをかけ続けて行きます。そして、転機が訪れたのが1666年です。この時期に、加賀藩5代藩主・前田綱紀の命で裏千家4代仙叟宗室に招かれます。そこで、茶碗師として土師長左衛門が一生に同道されています。石川県の金沢の地で、大樋長左衛門は良質な陶土を発見する事になり、ここでの制作を心に決めます。

石川県の金沢の地で数々の名作を生み出した、大樋長左衛門

やはり、陶芸家としては、土に水が命です。京都に住みながらも、自らの独立の夢を持っていた、大樋長左衛門。水を得た魚の如く、この地への移住を決意していきます。そして、1686年に、加賀国河北郡大樋村にて、築窯を果たすこととなったのです。数々の名作を生み出す人物、そして加賀の新たな歴史を生み出す人物として重宝されていた事もあり、「大樋」姓を名乗る事を許されます。作品の特徴としては、仙叟好みの作品が多い事でも知られています。 もちろん、仙叟の指導を受けて作品造りをしていた事も関係しているのです。初代の生み出していった作品は、海老や渦、寿老人等の文様意匠などが用いられ、この時期以降の、大樋焼の原型がこの時に生み出される事となったのです。飴釉という茶褐色の釉薬が特徴的な表情を生み出し、素朴で雅味のある、素晴らしい茶陶作りとしても知られているのです。さて、そんな大樋長左衛門は、初代であれば相当な価格となります。茶道具買取でも、大樋長左衛門は常日頃から注目されているので、今後も目が離すことができない、そんな家系なのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ