【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 大西家[十代] 浄雪(清右衛門)

大西家 10代 浄雪

 京都の千家十職といえば、古くより日本における茶道の礎を支え続けた、由緒ある職人達です。その中でも、釜師として長く歴史を持ち、伝統をより踏襲しながらも常に新しい世界へ目線を向けた作品造りを続けるのが、大西家です。初代より優れた才能と美意識を作品へつぎ込んでいた事でも知られており、その美しい釜の姿は、世界的にも評価されています。千家十職として働きだしてからの、大きな功績を残した当代が10代目であると言われています。10代目は、大西家の名を受け継ぎながらも、伝統に甘んじる事はなく、常に新たなアプローチで数々の作品を手掛けた革命者的な存在としても知られています。

父に師事をしてその実力をより磨いていった、10代大西浄雪(清右衛門)

 その存在は、大西家の中でも取り分け大きく扱われており、千家十職の中でもとても名誉ある人物のひとりとして、語り継がれているのです。
 9代大西浄元の長男として生まれます。元々、養子であった9代目からの出生でありながらも、既に生まれた時から次世代の大西家の当主としての運命を持っておりました。そのため、幼少の頃より父の仕事を見ながら勉強を続け、父に師事をしてその実力を磨いていったのです。実は、門下には玉村徳兵衛や初代高木治良兵衛がいた事でも知られており、非常に信頼されていた人物としても有名です。この10代大西浄雪なのですが、とにかく多作であったとして知られ、大西家の当代随一としても呼び名が高いようです。10代大西浄雪は、三千家や諸流派等の好み物をはじめ、さらには名物釜の形態等を記録したものを残すなど、釜師として尽力します。「鶴首釜」や「筋万字釜」、「光格天皇好み桜霰覆垂釜」なども代表作として知られており、近代における釜師の名人としても広く有名です。大西家の一員としてだけでなく、まさに一人の職人としても、世界的に名を広めた10代でした。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談