茶道具買取 大西家[十六代] 清右衛門

大西家 16代 清右衛門

 京都、最高峰の千家十職の釜師、大西家。その大西家の当代として活躍を続けているのが、大西清右衛門です。数百年という長い歴史と伝統を受け継ぐその心と技術は、多くの人々を感動させ続け、そして茶道の神髄と質を高め続けています。 さて、そんな大西家の16代当主、大西清右衛門なのですが、15代の長男として京都に生まれています。幼少の頃より、この家系が受け継いでいる、運命と伝統を理解し、道を極めるために修行を続けて行きました。造形力を磨き続け、そして現代的なアートなどにも強い興味を示し、数多くの作品を手掛けて行く夢を持ちます。
 1986年には、大阪芸術大学美術学部彫塑科を卒業し、本格的に大西家の釜師としての修行の日々を送ることになります。父の元で、数多くの作品などを手掛け、日々その実力を上げていきます。そして、1993年には遂に16代目、大西清右衛門を襲名する事となり、本格てに大西家の当主として尽力をしていきます。好みの釜なども多く手掛けて行きながらも、その裏では自らの作品造りにも精を出し続けており、2003年には、京都市芸術新人賞を受賞する事となります。

統を受け継ぎ、より新たな世界観を表現し続ける、16代大西清右衛門

 現代的な作家でありながらも、その伝統を受け継ぎ、より新たな世界観を表現し続ける天才として、現在でも広く支持されています。そして、年々その技術力と創造性が高まっていき、京都の釜師における貢献者という事もあり、京都府文化賞奨励賞も受賞しています。16代目の研究している分野としては、芦屋釜といわれるものとして知られています。 金属組織、成分、技法解明など、挽中子技法の再現に尽力します。秘宝とされていた事からも、その再現に何と成功させており、この再現は現代では不可能と言われていただけに、業界を驚かせます。京都の伝統ある茶人からも、非常に支持されており、現在でも数多くの名作を生み出し続けています。
 今後、大西清右衛門の魅力はより高くなって行く事は間違い無いでしょう。茶道具買取においても、16代大西清右衛門は高額買取が期待できます。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ