【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 大西家[十四代] 浄中(清右衛門)

大西家 15代 浄心

 茶道の世界において、大西家は千家十職の釜師として知られる家系です。現在でも数多くの作品を手掛けており、その伝統を守り続けています。10代を越えた大西家は、茶人との関わりも深くなっていき、作品を多く残します。12代が早くに亡くなってしまった事などからも、13代の苦労は絶えず、非常に厳しい時代を生き抜いていきました。13代の息子として生まれた14代大西浄中は伝統を持つこの家系の当主に選ばれ、その作品への愛情と情熱も深く、数多くの作品を残しています。 13代の息子として京都に生まれた14代大西浄中は、清太郎という幼名で育てられました。幼い頃より、努力する父の姿を見て日々を過ごします。父親に釜師の手ほどきを受け、努力を続け造形力などを磨いて行きました。釜師としても一流の人物として知られていきます。

当時の釜師の中でも、名を残す名手、14代大西浄中

 表千家13代即中斎宗左からは、浄中という名をもらい、14代大西浄中として活動をします。 作品数はとても多く、代表作などは好みから道具など、様々なものを手掛けています。「即中斎好み宝珠釜」、「海老鐶付撫肩釜」、「唐銅唐草彫鬼面風炉」。そして、「淡々斎好み振々釜」、「即中斎好み真ノ釜」など、「菊唐草彫皆具」も手掛けており、当時の釜師の中でも、名を残す名手として知られているのです。茶道具が世界的にも注目されている今、千家十職の手掛ける作品は、注目されています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談