【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 大西家 [八代] 浄本(清右衛門)

大西家 8代 浄本

 長い伝統を持つ、大西家。千家十職のひとつとして知られる、この家系なのですが、代々釜師として、様々な功績を挙げた伝統的な職人一家です。初代より、非常に造形力と品質の高い釜の作り方などで話題となっており、現代でも多くの茶人から愛用される、釜を作り続けています。そんな大西家の8代目が、大西浄本です。
 1747年に生まれており、釜師として多くの作品を手掛けていた事でも知られています。注目すべき点は、7代大西浄玄の養子として迎え入れられている、という点です。7代浄玄の妻の弟で、浄玄に子がいなかったため養子となり8代目を継ぎました。

大西家存続のために心から尽力した、8代目の大西浄本

 血縁でなかったため圧力やプレッシャーは強かったのではないか、と考えられています。しかし、8代目は、7代大西浄玄に師事をしており、その実力を大きく伸ばして行きます。「万代屋釜」、「尻張釜」といった代表作をいくつも手掛け、その実力はとても高かったと語り継がれている人物のひとりです。
 8代目の手掛けた、「万代屋釜」、「尻張釜」などの特徴は、やはり7代目の意志を引き継ぐような、手法が様々なところで見受ける事ができます。造形力に優れていただけでなく、精神も強かった事からか、様々な重圧を受けながらも好みの品なども手掛けています。8代目は、浄本として9代目に家督を譲った後も活躍を続け、今の大西家存続のために心から尽力したのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談