【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 大西家 [初代] 浄林(五郎左衛門)
 大西清右衛門という名は、千家十職の釜師。現代でも活躍を続けている、伝統的な家元です。初代大西浄林は1590年に生まれていることが分かっています。大西家は、南山城広瀬村の出身で、当初は広瀬の姓を名乗っていました。 努力家として知られ、開拓者でもあった初代大西浄林は、弟を引きつれて京都へと上洛した事から、大西家の伝統が始まりました。千家十職でも高く評価され、初代大西浄林の生み出す釜の多くは、非常に侘びを感じさせるものでした。

様々な作品を残していた初代大西浄林

 大西家 初代 大西浄林

 釜の常識を変革するような、技術力と造形力によって生み出された数々の名作は、当時の京都において、異質なものでした。初代大西浄林の功績は大きく、2人の弟と共に、三条釜座の座人として活躍する事になるのです。
 初代大西浄林ですが、様々な作品を残していた事でも有名な人物です。「霰甑口撫肩釜」は、代表作のひとつと言われており、風情を感じさせる美しい造形力が魅力です。さらには「糸目真ノ釜」、まさに妖艶で色艶めいた女性的な肌質が美しいです。他にも「撫肩衝釜」、「姥口撫肩釜」などなど、常々勢力的に釜を生み出していた事からも、その職人としての姿勢が伺えます。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談