茶道具買取 大野鈍阿

茶道具買取 大野鈍阿

大野鈍阿

 岐阜県出身の日本を代表する陶芸家が、大野鈍阿です。多くの作品を作りつづけ、数多くの賞を受賞している、希代の作家として知られています。
 大野鈍阿は1885年に岐阜県土岐郡に生まれています。美濃焼の産地ということもあり、幼少の頃より数々の陶芸作品と触れ合いました。そして、自身が陶芸家としての道を歩んで行く事に関しても何ら疑いもなく、20歳という若さでありながらも、轆轤を挽き、窯を焚く職人として活動を始めるようになりました。その後、上京し、品川の大横町に移り住み、水焜炉などを制作していく日々を送っていくようになります。自身も非常に真面目な性格であったこと、そしてその働きぶりも見事だったことから、御殿山に邸宅を構えていた益田鈍翁に見いだされます。益田家のお抱え職人として邸宅内に住居を用意してもらい、陶磁器窯などをメインに焼きつづけていきました。
 益田が号としている「鈍翁」の由来となったのは、表千家6世家元、原叟宗左 覚々斎茶碗「鈍太郎」であるとも言われています。数々の作品づくりを通して、個人としての評価も軒並み上がり、益田邸を去り、上目黒の根津嘉一郎所有の土地に本焼の本窯を構えました。鈍翁に命名を仰いで茶席「鈍庵」を作り、数々の功績を残し今でも茶会などでも人気のある作家として有名となったのです。最終的には、世田谷区の等々力に窯を移しており、余生をそこでの作陶に費やしました。
 大野鈍阿の作品は、一見素朴に見えていながらも、その独特の雰囲気で美しさ、さらには優美な造形などで高く評価されます。とある茶会で出した茶碗に5000万円の値がついたこともあるほどだそうです。今後、茶道具買取でも大野鈍阿の作品は必ず大きな評価を獲得するはずです。是非、見逃さず見守って行きたいですね。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ