茶道具買取 宇田川抱青

宇田川抱青

 自然が生み出す美を誰よりも追求し、そして理解していた陶芸家と言われているのが宇田川抱青です。鉄分の多い見島土や耐火性の高い金峯土などを使用し、丹念に研究を重ねて独自の作品を生み出しつづけた希代の作家として今日でも言い伝えられています。その人柄は、非常に真面目であり作品づくりには一切の妥協を許さなかったという事です。その一方で、非常に人の心の傷みを知り得ていた人物でもあり、涙もろい一面などもあったそうです。
 独立の前には、無名で萩の姫土で端正な碗などをつくっていた事もあるものの、その作風はまさに独特でありながらも力強く、美しさも兼ね備えていた素晴らしいものだったと言います。そして、この抱青という名なのですが、「空の青、水の青、そして山の青さに囲まれて作陶したい」という思いが込められて、このように付けられたと言われています。全てを自然のままに作ることを目標としていたため、なんと畑を自らで作り、藁も自家栽培するような生活を送っていたようです。当然の事ながら、自然の素晴らしさを全面に押し出して行くために、化学肥料は使わず、完全無農薬に徹しており、一番上流にある田圃を求めて栽培するというほどでした。
 初個展は非常に大盛況で評価も高かったそうですが、友人がひとつ椀を買おうとしたのを拒否したというエピソードも残っています。分かっている人に買ってもらいたい、義理で買おうという人のために作っている訳では無いとのこと。芯の強い男だということも高く評価を上げました。作品の中でも特に評価が高かったのが、白萩窯変陶板。自然が織りなす芸術的で素朴な平皿は、多くの人々の心を昂ぶらせ、そして感動させました。しかし、47歳という若さでありながら、肝硬変を患いそのまま他界しました。実直で真面目、そして天才肌であった宇田川抱青が残した作品は、全てに魂が宿ります。これからも、宇田川抱青は茶道具買取においては中心的な存在となる人物でしょう。多くの人々が、求め続ける作家のひとりなのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ