【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 宮崎寒雉

宮崎寒雉

 初代から数え、すでに350年余の歴史を持つ加賀藩お抱えの陶工、宮崎寒雉。代々、その名が襲名されており、常に進化を続ける窯元として人気を博しています。伝統的なアプローチとモダンな造形力は、他に類を見ることがなく、当代の作品も非常に注目されているのです。
 宮崎寒雉は現在の当代が14代目となっています。代々その名前が受け継がれており、伝統を守るための新たな世界を切り開いたと言われています。初代は1633年に生まれで、生家は鋳物業を生業としていました。そのような環境で育ったにも関わらず、京都に出ることになりました。京都では、窯作りを学んでおり、とても高い評判を得ていました。京都で活躍しながらも、その名声に目をつけたのが、加賀藩主の前田利常だったようです。当時、加賀藩は文化的側面を発達させようと、小松城造営をするタイミングだったようです。小松城造営の際に初代宮崎寒雉を金沢へ呼び戻し、加賀藩主の御用釜師として働き始めたのが契機になりました。
 侘を感じさせる美しく、趣のある作品を作るのが初代宮崎寒雉の特徴だったようで、その作品は当時から非常に高い評価を獲得していました。それ以降、当代が変わっても、その伝統を守り続けて、釜師としての名を継続させています。宮崎寒雉の特徴としては、スッキリした洗練されたタッチや色、そして形です。それは、14代目宮崎寒雉になっても受け継がれています。しかし、モダンな雰囲気を出すべく、そこに厚めの色を塗り、どっしりした悠揚たる釜を多く生み出しています。日本を代表する陶芸家として世界に出しても恥のない、そんな素晴らしい人物なのです。 宮崎寒雉の作品は茶道具買取においても注目されるでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談