【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 宮川香雲

宮川香雲

 茶の世界において、大きな功績を残した素晴らしい人物のひとりが、宮川香雲でしょう。数多くの茶道具を開発しながらも、日常的に使えるものと華やかさを両立させた、希代の陶芸家として知られています宮川香雲の生まれは京都です。初代真葛香斎の甥として生まれました。宮川家の分家である初代宮川香雲の息子です。
 宮川香雲は伝統を重んじる家系の生まれです。自らも陶芸の世界へ入り、父に師事して陶芸の基礎を学びました。更に6代清水六兵衛に師事しました。多様な角度から陶芸技術と哲学を学ぶことで、自らの芸術性の幅広い感覚を身につけました。もともと、美的センスが優れていた宮川香雲。京都色絵や乾山写、金襴手などを得意としていました。美しく華やかな雰囲気を生み出すことに長けていたため、祝いの席などではその作品が多く用いられていたようです。特に仁清写には定評があり、本物以上の美しさを表現していた、とも言われています。
 宮川香雲は京都市立日吉ケ高校美術科出身です。青年期の頃より既に美術への関心を高めていたことが、素晴らしい作品作りの礎となっていたのでしょう。同校卒業後、京都市立工芸指導所へ入ります。ここで研究を続けるうちに、陶芸家への道をより意識していくようになりました。茶の湯関連の作法も身につけており、裏千家・井口海仙宗匠に習っていたようです。茶道を愛し、その茶道を華やかに彩った宮川香雲。今後も、茶道具買取で注目される作家のひとりとなるでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談