【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 富本憲吉

富本憲吉

 人間国宝としても名を馳せ、多くの名作を残したことでも知られる人物が富本憲吉です。伝統的な技法も重んじながら、常に新しい作陶への情熱を燃やし続け、国内はもとより海外でも非常に評価の高い人物です。
 富本憲吉は1886年に奈良県生駒郡安堵村に生まれています。生家が大地主ということで恵まれた環境に育ち、幼少の頃より絵画を習っていたそうです。その芸術的感性をより伸ばすべく、東京美術大学へと進学。そこで室内装飾を学び、在学中に研鑽を積むためにロンドンに私費留学。アーツ・アンド・クラフツの作品に触れることにより、もの作りへの情熱を更に高めました。また、ロンドンで建築家・新家孝正と出会い、写真助手としてインドを巡っています。
 帰国後、清水組に入社しましたが、芸術への思いを捨てきれずに退社。その後バーナード・リーチと出会い、彼が陶芸を学んでいる姿を見て、富本憲吉も陶芸に傾倒していきます。自らの作陶生活を活発にすべく、故郷の裏庭に簡単な窯を作り楽焼を制作する日々送りました。初期の頃は、民芸調の作品を多く制作しているのですが、白磁の制作に成功を収めます。そして、数々の作陶経歴を経た後、色絵に加えて金銀を同時に焼き付けるという技法を発明。金銀彩という技法が非常に評価されており、人間国宝として評価されるまでとなるのです。また、現在の無形文化財の保持者認定制度が制定されてから初の人間国宝が富本憲吉であり、その後の陶芸界に大きな影響力を及ぼしました。「南薫造宛富本憲吉書簡」や「富本憲吉の絵手紙」などの著書も多い事で知られており、貴重な文献として現在でも大切にされています。茶道具買取においても、富本憲吉の作品は高価買取となります。目を離す事ができない、注目の作家のひとりです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談