茶道具買取 岡田裕

岡田裕

 岡田裕は、現代に萩焼の伝統を伝え、真実を追い求め続ける作家の一人として知られています。美しい表面感に、端正な造形美。シンプルでありながら、その力強く優雅な佇まいの彼の作品は、多くの陶芸ファンを魅了しつづけています。
 岡田裕は慶応義塾大学を卒業後、水産会社に勤めるという陶芸家としては、比較的珍しい経歴の持ち主です。サラリーマンとして働いている時、萩焼に出会い、その美しさに感銘を受けます。結果的に水産会社を退職した後に陶芸の世界に足を踏み入れることとなり、そこで新たな人生を歩み始めました。
 彼はシルクロードを旅行し、そこで原点を見つめ直しました。炎彩という技法をその旅の中で手に入れ、結果的に新たな生命を手に入れる事に成功したのです。元々、陶芸家として父が活躍していた事もあり、家業を継いだことになるのですが、日々の作陶生活の中で、萩焼の形と色のバランスの大切さに気付き、その精神を持ち合わせつつも新しい作品を作りつづけます。白釉に現れる赤紫の窯変と龍神の姿、この炎彩の美しさは、なかなか他の萩焼では見る事のできない優美なものです。また、伝統的な形でありながらも、どこか型破りな雰囲気を持ち合わせており、比類無き独特の世界を導き出しているのです。
 その作風や功績から、山口県からも高く評価をされる事となり、山口県指定無形文化財萩焼保持者として表彰されるまでとなったのです。山口県芸術文化振興奨励賞受賞、日本伝統工芸展入選作品「白釉窯変壺」宮内庁御買上げ、芸術文化功労山口県選奨受賞など、数多くの名誉ある賞を受賞しており、今後も活躍が期待されている萩焼の代表的な作家です。これからも、目をはなす事はできませんし、岡田裕の作品は茶道具買取の方面でも価格が上がって行く作家のひとりとして名を残すでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ