【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 岩木秀斎

岩木秀斎

 京都の指物師として数多くの名作を生み出し、現在でも茶道具の世界で名前を知られる人物が、岩木秀斎です。名品と呼ばれる作品を生み出していた岩木秀斎は、指物師としての実力もさることながら、その美的センスも非常に優れ注目をされた人物のひとりです。
 岩木秀斎は明治43年に指物師初代岩木裕軒の三男として生まれます。幼少の頃より指物に触れる機会が多く、父の作業などを間近に見ていた事により、数々の名作を幼いながらに学びます。その体験が、自らの作品にも強く影響されたと後に語っています。自らも指物師を志すと決め、父、兄・二代佑軒に師事をし、その技術と研究に研鑽を重ねていきました。淡々斎より秀斎の号を得てからは、より精力的に活動を行うようになり、その独創的で現代的な発想は、茶道具の世界に革命を起こしたと言われています。
 好み物を多く製作していて、茶道具界の重鎮達からの注文も数多くあったと言われています。高級茶道具の制作者として、業界の人物に気に入られていた事から、その数も少なく新作を大量に生産することはありません。そのため、買取においてもその希少価値は高く、岩木秀斎の作品は高価買取となるケースも多々あります。
 淡々斎好誰ヶ袖棚などは、まさに好み物の代表的とも言える作品であり、溜塗を施した非常に贅沢な作品となっています。さらには、天板の右前が丸く落とされるように、造形的にも斬新な発想が加えられており、他に類を見ないような形状を作り上げる事に成功しているのです。岩木秀斎は、今後も茶道具買取の世界では注目され続ける人物です。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談