【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 川端近左

川端近左

 川端近左は西日本における漆芸界の重鎮であり、数多くの銘品を生み出した大家としても名高い人物として知られています。初代の川端近左は、名を佐兵衛と言い滋賀県の出身であるという事が言い伝えられています。京都で油屋を営んでいたのが幕末の頃と言われており、希有な人生の持ち主であることも知られています。そして、川端近左は趣味人でもあったと言われ、忙しい家業の傍らで俳諧や日本画を嗜むという文化的な活動を続けていたとのことです。そして、その中でも並々ならぬ興味を持っていたのが、漆芸だったそうです。次第にその趣味が評価を得て、結果的に漆芸を家業にまでしてしまった、という伝説の漆芸家として広く知られているのです。
 この号が名付けられた秘密には、「近江屋」の屋号と「佐兵衛」の名を合わせて、近左という名となったそうです。なんとこの川端近左なのですが、長男が日本画家・川端玉章ということでも現在話題となっています。川端玉章と言えば、日本画界の重鎮でもあり、その名を知らぬものは恐らくいないのではないでしょうか。数々の趣味に明け暮れていた父親の強い影響もあったのか、長男が日本画家としての道を進む事になり、次男が漆芸の世界に入り、襲名することとなったのです。
 2代目川端近左は蛤御門の変で火災に遭い、 1867年に大阪に移住しています。その後は、父親譲りの作品作りを手掛け、多くの銘品を残していきました。現在、1947年に5代川端近左の長男として大阪府に生まれた6代目がいます。大阪市立工芸高等学校美術科を卒業後、京都市立芸術大学漆芸科に入学、卒業。2000年に6代目川端近左を襲名、漆芸の世界の伝統を守りつづけています。茶道具買取においても、川端近左の作品は多くの需要があります。今後も、注目され続けるだろう川端近左。目が離せない作家となっています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談