茶道具買取 志野

白釉を使い、侘び寂びを感じさせながらも品の良さを出す美濃焼があります。それが、志野焼です。志野は、多くの作品がありますが、瀬戸黒と共に非常に貴重な技法として国内でも認定されており、国の重要無形文化財、岐阜県の重要無形文化財として、大切に守られている伝統の焼成となっています。 志野焼が始ったのが、安土桃山時代と言われており、志野宗信が美濃の陶工に作らせた事から、この歴史が始ったとされています。五斗蒔粘土やもぐさ土、白土を使った素地、志野釉というこれらの素材で焼かれており、小さな孔が多く出てくることが、特徴として知られています。

数多くの種類がある志野焼

また、口縁には緋色の火色などと呼ばれている、独特の赤みのあるものがあり、こちらも滋味深い仕様として人気があります。銘卯花墻が、この志野焼の中でも国宝とされており、三井記念美術館蔵で所蔵されています。国産茶陶としては、これ含めた二点しか認められておらず、後は、本阿弥光悦の楽焼白片身変茶碗で銘不二山しかありません。志野焼には数多くの種類があることでも知られており、そのうちの数点を紹介します。まずは、無地志野と呼ばれているものです。 こちらは、あまり絵模様が少なく、その質感で勝負をしているシンプルなものです。より、ひなびた雰囲気が侘び寂びを感じさせ、多くの茶人にも人気の高いものとなっています。また、赤志野も有名です。こちらは、鬼板と呼ばれる鉄化粧を施したりと、装飾的なアプローチを施す、独特の製法で生み出されます。 鼠志野と呼ばれる赤褐色、鼠色のものの、赤く焼き上がったパターンとなっています。また、赤志野では無く、紅志野と呼ばれるものもあります。こちらは、酸化第二鉄を含む黄土を使い、鉄絵文様を描き、志野釉をかけたものとなります。他には、絵志野や練り上げ志野、志野織部などがあります。茶道具買取においても、志野全般に人気と需要があり、今後も高価買取の焼物として注目されていくでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ