茶道具買取 掛軸

茶道具買取 掛軸

掛軸は茶室の品格を決める

 茶道を嗜む際に茶室で茶会を行いますが、茶室の品格を決めると言われているのが、掛軸です。茶道以外の様々なシーンでも使われますが、特に茶の湯における掛軸は重要なものです。掛軸は、書、日本画、水墨画などを表装し、床の間に掛けて観賞するものです。日本の室内装飾では重要視されており、一般的にほとんどの日本家屋の和室には必ず飾られています。
 掛軸が日本へ渡ってきたのは、飛鳥時代の頃だと言われています。鎌倉時代後期に禅宗の水墨画が大流行したことで、本格的に日本で広まったようです。そして、室町時代になると国内でも茶の湯文化が広まり、座敷の床の間に飾られることが多くなりました。当時は、水墨画がメインで飾られており、茶の湯の関係者に絶大な人気を誇るようになりました。掛軸はおもてなしの顔として扱われるようになり、来客者、季節、昼夜など、状況に応じて使い分けることが可能でした。

人気のピークは明治や大正期

 掛軸人気のピークとなったのが、明治や大正期です。この時期には、日本画が非常に盛んになっていたという背景もあり、それに合わせて掛軸も爆発的にヒットしました。しかし、戦後、国内の家屋の欧米化などの影響で、掛軸の需要は次第に減っていきました。しかしながら、現在でも掛軸は大変珍重されており、歴史的商品価値の高い物として扱われています。茶道具買取でも、掛軸は非常に重要な品物となります。その時代や作家、そして様態などで価格も変化します。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ