【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 朝日
京都は、焼物の都としても知られる歴史溢れる日本を代表する地域です。そんな京都の中でも、宇治川を隔て、平等院を望んでいる地域で焼かれている焼物を、朝日焼と呼んでいます。朝日焼が生まれたのは、慶長年間と言われており、当時より多くの地元の陶工達によって現在まで、朝日焼は守り続けられています。

初代が小堀遠州の指導を受け、名を朝日焼とした

さて、そんな朝日焼なのですが、初代が作り上げたのが、小堀遠州の指導を受けたという事です。そして、その作品などに「朝日」という名を受け、それから、名を朝日焼とした、という事になっています。 遠州七窯としても知られている場所であり、由緒正しい基本溢れる茶器を多く制作しています。さて、そんな朝日焼なのですが、代々伝統を受け継いでいる家督もあることをご存知でしょうか。二代目などでは、卓朝日などと呼ばれており、当時において窯名をつけることなど、とても珍しいながら、朝日焼ではもう行われていたという事です。革命的なアプローチによって、当時の朝日の作品はとても貴重でありながら名も分かるので、とても高価買取となります。

白目の淡い色使いと年代による形状が特徴

白目の淡い色使いが特徴的でもあるこの朝日焼なのですが、高麗茶碗を思わせる侘び寂びを感じさせる、独特の雰囲気がとても魅力的でもあります。また、年代によっても、その形状には特徴があり、時代と共に、伝統を守りながらも新たな世界感を築き上げている、そんなものが見えています。朝日焼は宇治で焼かれ、やはり茶器作りは非常に得意としている事が特徴でもあります。 400年を越える伝統を持っている事から、多くの茶人達にも愛され、信頼されています。茶器自体を作り始めたのは、150年ほど前と言われている明日。轆轤で作る繊細であり、とても丁寧な作りが特徴となっています。手の平にしっかりと収まる、優しく心落ち着く形状が愛される秘密でもあります。細部までにこだわった朝日焼は、茶道具買取でも、今後人気が高まる茶器のひとつです。是非、注目していきましょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談