茶道具買取 本阿弥光甫

茶道具買取 本阿弥光甫

本阿弥光甫

 本阿弥光甫と言えば知る人ぞ知る琳派を代表する作家の一人です。光悦の伝記「本阿弥行状記」を書き下ろした人物としても知られており、光悦の孫としても名を馳せた人物でした。光悦と光琳といった誰もが知る天才芸術家の中でも活躍を続け、この伝統を守り、引き継いだ功績は現在でも高く評価されている部分のひとつです。 本阿弥光甫はその功績が大きく取りあげられたのが陶芸の世界と言われています。茶道具買取でも広く名を知られており、その美しい陶芸品の数々は現代の茶人達にも愛されています。本阿弥光甫の作る陶芸は空中信楽と呼ばれており、信楽土を用いた作風であったと言い伝えられています。

自由な精神性が素晴らしい作品作りにも反映

 佗を感じさせながらも、崇高過ぎない現実感を取り入れており、モダンな作品を作っていたと言われています。光悦という偉大な祖父を持っていたため、大きなプレッシャーを感じていたことが容易に想像できるのですが、そのようなプレッシャーを全く苦と思っていないような自由な精神が作品作りにも反映されます。先述の空中信楽の名手としても知られていたため、空中斎という号で活躍をしていたと言われており、信楽を中心とした名作を生み出していたのです。また、普段は光悦同様に加賀藩前田家に仕えていたようです。最終的には300石を持っていたとのことです。 天才と言われる祖父をもっておりながら、浄拭の技術に関しては祖父以上なのではないかと言われ、分野によっては伝説的な人物としても崇められています。名作のひとつといえば、名碗「寒月」です。悠揚とした趣の中に、どこか親しみやすさを織り込む独特の作品となっており、その表情はとても魅力的に感じられるのです。今後、本阿弥光甫は茶道具買取の分野においても注目をされ続ける作家でしょう。数々の作品には高い価値がついているので、今後の市場も見逃せません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ