【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 松田権六

松田権六

 茶の湯の世界において、大切な存在と言われているのが、陶芸家と蒔絵師です。その蒔絵師の中でも大作と言われる作品を多く生み出す天才蒔絵師が、松田権六ではないでしょうか。華やかでありながら、どこか侘の精神を感じさせる、美しい現代蒔絵師なのです。
 松田権六は7歳の時点で既に蒔絵を始めています。幼少の頃より、蒔絵に触れていたため、独自の感性はすでに磨かれていました。東京美術学校漆工科に入学し、修練を重ねました。1943年、東京美術学校教授となり、そこからなんと36年もの間、教鞭を取り後進の育成に尽力したのです。1947年になると、その功績が認められたことで日本芸術院の会員として推挙されます。
 独特の手法と緻密な作り、モダンで華やいだ世界を紡ぎ出す松田権六の功績は、海外でも非常に高く評価されているのです。そして、1955年には重要無形文化財保持者として、人間国宝にも認定されることとなり、その地位を不動のものとしたのです。また、蒔絵というと茶室のものというイメージも強いのですが、新たなアプローチにも挑戦しました。それが、並木製作所の蒔絵万年筆を制作したことでしょう。その万年筆はドイツ皇帝が、詔勅にサインする国璽用として使用されるほどに貴重な扱いとなったようです。
 伝統的な作品作りを守り続けたことで人間国宝となった松田権六。その後直ぐに日展を退会してしまいます。その数年後には、日本工芸界の理事長に。常に注目を浴びる、そのような立場をとっていたことで知られます。著書も多く、茶の湯の世界だけでなく幅広く活躍した松田権六。茶道具買取でも、今後も注目される作家となることは間違いないでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談