茶道具買取 林恭助

 「曜変天目」の再現に成功し、陶芸界に新しい風を吹き込んだ努力の人物が林恭助です。多くの作品を作りながら、どこにも無い新たな世界を陶芸家として表現する現代陶芸家の一人であり、幅広い業界の人物から支持の厚い、今注目の作家のひとりとして名高い人物です。岐阜県土岐市に生まれた林恭助は、土岐市立陶磁器試験場に研修生として入ります。研鑽を日々積み上げ、自分の作品を積極的にデザインコンペなどに応募するなど、独立を目指して努力を続けました。その才能が開花するのも早く、第30回陶磁器デザインコンペに入選など、早くからその才能が注目されるようになりました。その入選により自らの才能に溺れることはなく、常に新たな技術を磨く為に、人間国宝・加藤孝造らに師事して伝統的な技法も学びました。それからも、数々の賞への受賞を経験しており、話題の作家として名を馳せました。 しかし、劇的にその名が広まることはなく、優秀な陶芸家のひとりとしての地位を守り続けた、という状況が何年も続きます。

星のような紋様を浮かばせる美しくも幻想的な技法

 林恭助の名前を陶芸界に轟かすこととなったのが、曜変天目という作品の存在でしょう。中国で焼かれた茶碗で、現存するものが3点ほどしかない、幻の焼物と言われており、再現はもはや不可能とされていました。しかし、奇遇にもその作品の全てが日本に存在したため、林恭助は研究を続けることができました。星のような紋様を浮かばせる美しくも幻想的なこの技法。誰もが再現に挑みましたが、再現には及ばず、800年ぶりに林恭助が曜変を作り出すことに成功したのです。岐阜県知事表彰を受けるなど、陶芸界に衝撃を与えることとなったのです。茶道具買取でも、林恭助は注目の作家となっています。まだまだ研究が続けられていることからも、今後、発表されていく作品も高価買取となるので、注目でしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ