【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 林正太郎
 林正太郎といえば、志野焼において数々の名品を生み出した天才陶芸家です。志野の世界に魅せられ、他にはない技術を磨き、匠の域にまで到達した人物としても名高いのです。林正太郎は生まれが1947年です。岐阜県土岐市に窯元の子として生まれており、幼少の頃より陶芸の世界を間近で見ていたそうです。商業高校を卒業後、名古屋で就職を希望し、そのまま正社員として働きましたが、8ヶ月でその会社を退職してしまいます。郷土に戻って兄の陶芸活動を手伝うようになります。そんな中、自分の作品作りにも力を入れ、作品を多く手掛けるようになりました。独特の個性を光らせる志野焼の作品は、瞬く間に評価され、「岐阜県美術展」で、最高賞を受賞するまでになったのです。 そして、その賞を手に入れた、わずか3年後にはなんと「朝日陶芸展」で知事賞を受賞しました。合計4回も受賞しました。

新進気鋭の陶芸家

 1975年には三越日本橋本店で個展を開催して評判を得ました。多くの作品を手掛けながらも、その独自のセンスは守り続けており、新進気鋭の陶芸家として活躍の場を広げました。志野焼を極めようとするその姿勢が評価されたのか、1979年に日本工芸界正会員に認定されることになります。その後、美濃焼を中心に活躍を続けます。 「「美濃陶芸展」で最高賞の「美濃陶芸大賞」を受賞、「美濃陶芸展」で「庄六賞」を受賞など、実力者達だけに許されるこの賞を見事に受賞。新たな世界を切り開き続けた、林正太郎。茶道具買取の世界で多くの功績を残すだけでなく、今後の活躍も期待されている、そんな人物です。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談