【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 根来茂昌

根来茂昌

 数々の名作を生み出した天才的な金工、根来茂昌。多くの人々が知る代表作も数多く、『肩衝姥口釜』 や 『面取丸風炉筒釜添』 、『姥口青海文釜』。また、『鶴首釜「再生」』 『撫肩草花文釜』 『山水釜』などが有名です。
 大阪の金工として活躍している根来茂昌。生まれは1925年です。釜師として活躍していた父親のもとで生まれた根来茂昌は、幼少の頃より茶道具の世界への興味を持ち、自然とその世界へ入りました。1953年に武蔵野美術学校彫刻科を卒業後、父親の茶釜作りに精を出していきます。それと同時進行で、後の人間国宝となる人物、香取正彦に師事します。また、裏千家職方6世佐々木彦兵衛にも師事しており、その技術を磨きました。努力家である根来茂昌は、自分の作品のクオリティーを上げることで、数々の賞を受賞するようになります。1971年に伝統工芸新作展奨励賞を受賞し、大きな話題となります。その6年後には伝統工芸武蔵野展日本工芸会賞を受賞、金工としての大きな名声を手に入れることとなったのです。
 根来茂昌は大きな功績を上げても、その実直なものづくりへの姿勢は一切変化させることはありませんでした。伝統技法をしっかりと守りながらも、緻密な造形力とその装飾で現代的な雰囲気を持ち合わせる作品を作ります。さらに、芸術品としての価値も高い上、実用にも溶け込むような雰囲気もあり、茶道具の世界に新たな風を吹き込む作風も人気となっているのです。風炉釜作りだけでなく、鉄瓶や文具、置物なども手掛けており、その作品は幅多くなっております。紫綬褒章受賞に勲四等旭日小綬授賞など、金工としての高い地位を手に入れながらも、未だ自らの芸術を追求し続けている、孤高の天才、根来茂昌。茶道具買取でも、注目し続けるべき人間のひとりです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談