茶道具買取 樂吉左衛門 [三代] 道入

樂吉左衛門 道入

千家十職の一家として数々の歴史を紡いできたのが、樂吉左衛門です。初代、長次郎から始るこの茶碗師の家元は、堂々とした悠揚たる茶碗づくりを中心に、茶道具の世界に革命を起こし続けて行ったと言われているのです。さて、そんな樂吉左衛門なのですが、革命者であると言われていた2代目の息子長男として生まれたのが、後に3代目樂吉左衛門、道入です。その3代目樂吉左衛門・道入なのですが、歴代でも一、二を争う名工だと言われており、その天才的な感覚で茶道具界にも新たな風を吹き込んだ功労者とも言われているのです。さて、3代目樂吉左衛門・道入なのですが、独特の釉技を研究し、自らのものとした事で広く知られていると言います。

父親同様に本阿弥光悦との交流も深かった

幕釉や飴釉、白鼈甲釉にはじまり、蛇蝎釉や砂釉、さらには朱釉等を用いた、独創的な変化に富んだ技を駆使して茶碗を制作していたと言います。黒釉を区切りながらも、そこで黄釉などを使った紋様を配すなど、装飾的な作品を発表し続けます。また、大きなポイントとしては、初代の長次郎がこの装飾的な作品づくりを避けていた、という事です。 伝統を守るのであれば、こういったアプローチは抑えるはずですが、そこは新たな改革を目指す3代目、道入。全く、新たな世界観をその中に吹き込んでおり、多くの感動と衝撃をこの世界に植え付けたのです。さて、3代目樂吉左衛門・道入なのですが、父親同様に本阿弥光悦との交流も深かったとされています。 黒樂茶碗を作る時は、専ら3代目樂吉左衛門・道入の窯で焼成されていた、と言われるまでに信頼関係が厚かったと言い伝えられている程なのだそうです。黒樂茶碗「善福寺」や黒樂茶碗「香久山」、黒樂茶碗「獅子」 などの名品を残しており、茶道具の歴史を語る上でもとても大切と言われている、そんなものばかりです。今後、茶道具買取で3代目樂吉左衛門・道入の作品も高価買取となっていくことでしょう。期待が、大きく持たれる名工なのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ