【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 樂吉左衛門 [二代] 常慶

樂吉左衛門 二代目 常慶

千家の茶道具を代々作り続けている茶碗脚の名家、樂吉左衛門。千家十職の一家であり、その伝統も現在までも続く、由緒正しい家元となっています。さて、そんな樂吉左衛門なのですが、初代は長次郎であり、樂吉左衛門の礎を築いた素晴らしい人物であったと言われています。数々の名品を生み出すほか、多くの文化人などとの付き合いもあり、実力だけでなくその名も広めて行った事でも評価されています。さて、そんな樂吉左衛門の2代目として生まれたのが、常慶です。田中宗慶の次男として生まれており、あのかの有名な田中宗味とは兄弟という事で知られています。2代目の名を譲り渡した後には、吉左衛門、常慶と名乗っており、生涯に渡って数々の名品をこの世に残していった事でも知られています。

時代の波をしっかりと把握した、先見の目をもつ常慶

さて、常慶の作品の特徴なのですが、織部好みの沓茶碗などが多かったと言われています。慶長の時代には、こういった織部好みの作品などが流行していた事もあり、時代の波をしっかりと把握した、先見の目を持っていた事からも名を上げていくのです。また、新しい技術などへの探求を続けていた人物としても知られており、高台等などでの新しいアプローチをかけていた事でも有名です。そして、赤や黒の二釉が樂吉左衛門の代名詞だったのですが、白釉「香炉釉」を開発した事で、より高い評価を獲得するのです。常に新たな茶碗作りに心を傾けていた事もあり、本阿弥光悦などにも認められます。 日本初のアートプロデューサーとも言われる本阿弥光悦との親交が深かった事からも、自筆での暖簾「樂焼 御ちやわん屋」を貰うなど、貴重な存在として受け入れられていたのです。常慶という名で活動をしていたのですが、「吉左衛門」とも名乗るようになり、数多くの作品を作り続けいきました。 樂吉左衛門の2代目でもあった常慶は、茶道具買取でも非常に人気の高い作家のひとりとして知られます。今もなお、常慶の名は樂吉左衛門の家で輝き続けているのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談