【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 樂吉左衛門 [六代] 左入

樂吉左衛門 六代 左入

重厚で存在感のある黒茶碗を数多く手掛け、その独創性の高いフォルムや美しい装飾などでも人気を博した樂吉左衛門。初代から3代目、そして4代目と大きくその装飾の変化が遂げられてきましたが、5代目で回帰を図ります。そんな作品をより洗練させ、現代的に仕上げ続けたのが、6代樂吉左衛門・左入でしょう。 6代樂吉左衛門・左入は、伝統あるこの名を継ぐために努力を続けていたようで、その功績に限っても高く評価をされていると伝えられています。さて、そんな6代樂吉左衛門・左入なのですが、5代同様に樂吉左衛門の実縁では無かったと言われています。大和屋嘉兵衛の息子として生まれており、結果的には。5代樂吉左衛門に婿養子としてもらわれており、結果的には内縁としての家督を譲り受けたカタチとなってます。

人並みはずれた努力を続けた 六代目 左入

6代樂吉左衛門は、後には左入という号で活躍することとなります。1708年に、6代樂吉左衛門として襲名をし、その日から人並みはずれた努力を続けて行きます。20年に渡る長い間、この6代樂吉左衛門を守り続けて行き、数多くの名品を残し続けた事でも高く評価され続けられます。 6代樂吉左衛門・左入なのですが、何故左入という名になったのでしょうか。当時の表千家6代覚々斎宗左の左の字を貰っており、結果的に左入という名での活躍となったようです。「左入二百茶碗」が特に6代樂吉左衛門・左入の制作した作品としては広く知られており、表千家7代如心斎宗左の引き立てとして作ったものが、千家を代表するものとなったという事です。 シンプルな長次郎、そして装飾的な3代目、さらに希代の芸術家光悦。この3人の写しを制作することに心を傾けていたようで、その実力はなかなかなものだったと言われています。今後、6代樂吉左衛門・左入の持つ実力も高く認められていく事でしょう。茶道具買取でも、6代樂吉左衛門・左入は他の代に負け時劣らずの人気となっているので、注目していくべき存在でしょうね。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談