【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 樂吉左衛門 [十三代] 惺入

樂吉左衛門 十三代 惺入

樂吉左衛門といえば、表千家の名門の茶碗師。千家十職として、数多くの名作をうみだしたこの京都の家督は、現代においても非常に高いレベルでの陶芸作りを続ける、本物の陶芸家としてしられてます。初代長次郎の生誕の祝いには、当時の当主達が腕によりをかけて茶碗を制作し、その全てが非常に貴重なものとして今の世代にも語り継がれているのです。さて、そんな千家十職の樂吉左衛門。 10代を超えてる頃より、時代の変革期でもあり、伝統文化への世間の風当たりが厳しくなります。しかし、この伝統的な流れを決して途絶える事なく続けて行く、というその努力は、茶人達にも高く評価されており、今後も注目される事でしょう。さて、その中でも近代の樂吉左衛門の中で非常に熱心な活躍をしていた、と言われているのが13代樂吉左衛門・惺入です。

茶道具についての研究を怠る事なく続けて行った惺入

伝統を守るための制作は勿論ながら、何と鉱石を用いたような新たな研究を続けており、まさに伝統と新たな世界観を手に入れた、と言われる人物として知られているのです。13代樂吉左衛門・惺入は、12代の長男として京都に生まれています。幼少の頃より12代の仕事ぶりを見続けて来た事からも、その実力はかなり高いと見られています。さらに、注目されているのがその熱心さ。このことで、茶道研究小誌『茶道せゝらぎ』を発刊するなど、茶道具についての研究を怠る事なく続けて行ったのです。 1919年に、12代から13代樂吉左衛門を襲名した後には、茶碗づくりにより精を出しており、長次郎三百五十回忌でも成功を収める事となろます。また、表千家12代惺斎宗左の「惺」をとった号をもらっており、この号で活躍をしていた時代もあったと言われています。 今後、この13代樂吉左衛門・惺入の仕事ぶりは、より高く評価され続けて行くのではないでしょうか。こういった、新たな13代樂吉左衛門・惺入の努力があったからこそ、現代があります。茶道具買取でも、3代樂吉左衛門・惺入は非常に注目の作家です。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談