【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 永楽家 [三代] 西村宗全
 現在、京都で活躍をする千家の技術者達。その道具づくりを伝統的に続けている家督の事を、千家十職と呼んでいます。様々な千家十職の職人がいる中で土風炉・焼物師として活躍をしているのが永楽家です。西村善五郎という名で代々襲名を続けており、各当代晩年に至るまで数々の名作を生み出しています。
 西村家の中でも茶道の神髄を極めその名声を上げていったと言われている人物がいます。それが、3代目の西村善五郎です。宗全という号で後に活動をするのですが、西村宗全という名で通用していた事で知られています。西村宗全は、2代目の息子として生まれており、2代目が堺に移住した事からもそこでの出生ではないか、と見られています、生年などはハッキリとは分かっておりません。

幼少の頃より土風炉作りに携わって行った宗全

 通称は西村善五郎として活動をし、数々の名作を生み出して行った2代目の背中を見ながら、幼少の頃より土風炉作りに携わっていきます。そして、後に3代目となった時には堺から京都へ移住しています。ここから、永楽家の茶道との関わりが深くなっていったのです。京都に赴き、土風炉を制作する傍らで数多くの文人や名のある人物との交流を重ねて行きます。細川三斎をはじめ小堀遠州など、まさに希代の茶人達からもその実力が認められていました。この小堀遠州によって宗全という名を授かったようです。そのため、銅印がこの号名で押されています。宗全風炉という名で流通し、現代の茶道具買取の際にも大きなポイントとして、宗全風炉はあります。茶道具買取においても三代目西村宗全は注目すべき存在でしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン