茶道具買取 永楽家 [五代] 西村宗筌

 西村宗筌は、千家十職として、最高の土風炉作りを続ける西村善五郎の五代目として知られる名手です。多くの作品を手掛けて来た、西村善五郎なのですが、初代から2代、そして3代と多くの功績と人脈を作り上げ、茶道具の世界の発展に大きく影響を与えて行きました。5代目は通称を善五郎、号を宗筌として活動を行っています。

実用性に富んだ造形力

 実直なものづくりを続けていた4代目のあとを引き継いだ西村宗筌。その作品には、赴きだけでなく、芸術性も加えられていました。5代目の功績により、さらに名が広まって行き、より茶道に欠かす事の出来ない人物として地位を築き上げる事となったのです。西村宗筌が5代目として活躍をした時代には、奈良風炉の評判が著しく悪くなったと言われています。今まで、京都の土風炉造りは、そこまで認められていなかったと言われているのですが、実際大和国の土風炉造りの質がどんどん低下していた事から、見放されて行った時期があったと言われています。こういった、中で活躍をしていたのが、西村宗筌だったのです。結果的に、真面目な制作をつづけていた事からも、その目が西村宗筌の作品などに向けられる事となりました。質の低下してしまった土風炉造りの世界が、完全に京都へステージが移される事となり、多くの受注を受ける運びとなった、と伝えられています。
 西村宗筌の作品には、数多くの茶人からの高い評価や、さらには実用性に富んだその造形力で、功績を積んでいたようです。その作品は多く残っていません。その希少性からも今後西村宗筌の作品には、高い注目が集まるので、茶道具買取でも高価買取となります。西村宗筌こそが、京都の土風炉造りを発展させていった、作家のひとりだったのです

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ