【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 永楽家 [四代] 西村宗雲
 伝統的な作品を生み出し、そしてその作品を作り続けて行く事は大抵の努力ではないでしょう。しかし、一家で焼物を生み出し、伝統ある名を受け継いだ人物が、西村善五郎です。千家十職として古くから焼物師を営み、現代においても数多くの作品を生み出す、一家として知られています。西村善五郎は、初代から2代、そして3代と自らの活躍の場を変化させていき、その名声を徐々に広めて行きます。4代目は、宗雲という名で3代目が築き上げた茶人達との関係を5代目に引き継ぐために多くの尽力をした人物である、とも言われています。宗雲の功績としては、非常に端正で伝統的な土風炉を生み出しました。

実直な土風炉作りに長けていた宗雲

 様々な功績を残した3代目とは打って変わって、実直な土風炉作りを行っていました。技法も3代目と同様のものを行っています。あまり、4代西村善五郎の作品や功績の内容は残っておらず、茶人達の要望などで好みの4代西村善五郎らしい作品を作っていた事がわかっています。
 4代西村善五郎が生み出す作品の箱書には、家例が定められていたと知られています。その家例が、「風炉師善五郎」というものであり、やはりこの時代にあっても西村善五郎の名は茶人達には知られていた事が分かるところです。細川三斎や小堀遠州といった、当代随一の茶人達に3代目が認められていた事からも、その実力は確かなものだったようです。4代目の作品などは、かなりの目利きでなければ分からないかもしれませんが、貴重な作品として知られています。「風炉師善五郎」と箱書に家例が刻まれているのであれば、4代目の作品であるかもしれません。4代目西村宗雲は茶道具買取でも注目される焼物師として、評価されるでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談