【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 永楽家 [6代] 西村宗貞
 西村宗貞は、伝統的な京都の千家十職の永楽家6代目として生まれ、活動した人物です。西村宗貞という名で、晩年は活動をしており、優れた作品を作り評価を獲得した人物として知られています。しかしながら、あまり多くの作品や情報などが残っておらず、まだ広く知られていない作家です。
 西村家の初代から作り続けている品が、土風炉と呼ばれるものです。茶道の世界では、非常に重要な地位を占めており、この土風炉の出来次第で茶の味も大きく変化していきます。そのため、質の高い土風炉ではなければ、茶人達に見捨てられてしまいます。そんな中、5代目の西村善五郎の時、主流とも言われていた奈良風炉が下火になっていきます。やはり、大量生産や時代の波に押されてしまったのか、どんどんその質が落ちていった、と言われています。

多くの名声と信頼を守り続けた、6代西村宗貞

 多くの人々は奈良風炉から、京都の土風炉へと移行して行ったのです。そんな流れの中5代目が築き上げて来た、多くの名声と信頼を受け継いだのが6代西村宗貞なのです。功績は分かってはいませんが、しっかりと5代の西村善五郎の仕事を受け継いでいた事は分かっています。3代目が、京都に移住を決めてから、多くの作品を京都で造り、細川三斎や小堀遠州といった希代の茶人達との信頼関係も作ります。こういった、代々受け継がれて来た当主達の残した、太い信頼を守ることは、容易な事ではなかったでしょう。そういった意味からも、西村宗貞の活躍が優れていた事が分かります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談