【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 永楽家 [10代] 永樂了全
 千家十職のひとつでもある土風炉を造る焼物師の家が、西村善五郎です。数々の苦難を乗り越えながらも、その実力を有力な茶人達に買われ、現在でも続く伝統的な焼物を生み出す家元となっています。
 多くの人々が知り得るのは、恐らく10代目の西村善五郎ではないでしょうか。9代西村善五郎の息子として京都に生まれ、10代目は号を了全として活動をしていきました。西村了全という名を持ち、数多くの作品を手掛けその地位を確かなものに仕上げます。さて、西村了全は、両親の跡を継ぐために幼少の頃より、努力を続けますが、不幸な事に両親が幼い頃に他界してしまいます。そのため、三千家の庇護に育てられるという数奇な運命をたどります。さらに、1788年には家宅が天明の大火に見舞われてしまうという事態が発生し、その際、代々襲用してきた宗全印を失います。
 しかし、その事をきっかけとして、永樂了全の自らの印を使う事になり、これが西村了全を有名にするきっかけとなったのです。それから、努力を続け1815年には、樂吉左衛門家に近い、油橋詰町に新居を構える事になります。

歴代の当主の中でも一目置かれる存在だった、10代目永樂了全

 その後、血筋の子供が出来ず、家督は養子・保全に家督を譲る事になります。1817年に家督を譲ってからは、その名を了全とし、新たな活動をはじめます。紀州徳川家の偕楽園焼などに出仕しており、その名を広めていきます。数奇な運命を渡り、さらに両親を早くに失いながら、その地位を守り続けるという姿勢は、歴代の当主の中でも一目置かれる存在であるという事が分かります。その作品は、茶陶にも広がりをみせており、広く陶芸生活を楽しんでいました。10代目永樂了全の作品は高価買取となります。今後の活躍を期待しましょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談