【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 永楽家 [11代] 永樂保全
 永樂保全は、京都の伝統的な永樂善五郎という焼物師の家系です。数々の名作を生み出しながらも、その実力は当代に至るまで衰える事なく受け継がれ、多くの茶人に愛される焼物を作ってきました。
 永樂善五郎の名を名乗る前は、西村善五郎という名で活躍をしており、多くの作品を手掛けています。10代の頃より、永樂の性を名乗り始めたと言われていますが、そのあたりはまだ不透明です。10代永樂の養子として迎え入れられた人物です。本名は、千太郎といい保全や陶鈞軒、法号を陶鈞軒安誉保全などと、様々な活動を続けています。京都の宗彦の仲介によって、養子に迎え入れられ、その後は、10代目の仕事を見るようになり、作陶生活にも積極的に参加していました。また、多くを学んでいく事が試され、書では松波流などを学んでいます。

文化的意識の高い人物だった、11代永樂保全

 さらに、一流の文化人としての知識と教育を受けており、香川景恒や新宮涼庭、狩野永岳など、各分野を代表する人物に基礎を学びます。そして、徐々にその実力が認められ、1817年には、11代目の永樂善五郎を襲名する事となったのです。11代目となってからは、写しなども大きな評価を得ており、技術は京焼陶家でもあった宝山家など、伝統的な技術力を持つ窯元で修行を積んでいたと言われています。数々の教育を受け、文化的意識の高い人物としても知られており、当代随一の腕前と研究者でもありました。安南、御本、仁清の写しなど、多岐に渡るその制作過程は、マルチな才能を持ち合わせた、実力派ではなかったのではないでしょうか。11代永樂保全は、茶道具でも高価買取となっています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談