【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 永楽家 [14代] 永樂得全・永樂妙全
 伝統的な家系として、千家十職というものがあります。その中でも、焼物師として数多くの作品を手掛けていたのが、永樂善五郎です。この家督は、今でも広く知られる京都を代表する作家のひとつです。
 10代をこえた頃より多くの革命を茶道に起こし、ただの焼物師の活動だけではなく、九谷焼の復興や改良、さらには茶道の形式などにも多くの改良を加えており、その功績は非常に高く評価されているのです。また、14代は夫妻で活躍をしていた事でも話題となった人物です。

新たな茶道の世界を築いた、永樂得全と永樂妙全

 それが、永樂得全と永樂妙全です。数々の名作を生み出すだけでなく、その絆が生み出した家督を守るという姿勢。そういった部分でも、評価されている人物なのです。
 14代永樂得全と永樂妙全なのですが、永樂得全は12代の長男として生まれています。1871年に14代永樂善五郎を襲名しており活動をします。実は、この14代永樂善五郎が襲名した頃というのは、茶道が衰退していく時代でもあり、苦しい生活を強いられていました。しかし、岡崎に作陶に行くなどの新しいアプローチをかけ、新たな茶道の世界を築きます。菊谷窯を開窯し、高級茶陶などの制作を続ける事により、苦しいと言われていた家系を持ち直し、さらにはフィラデルフィア万国博覧会、ウィーン万国博覧会など、世界的にも名を広める努力も行います。一方、妙全は、14代の妻として活動をしていきます。没後には、甥・山本治三郎に任せながらその家を継いでいます。彼女の努力により、永樂善五郎の歴史は保たれた、といっても過言ではありません。永樂得全と永樂妙全の互いの作品は、茶道具でも高価買取となります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談