【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 永楽家 [15代] 永樂正全
 数多くの作品を手掛け、京都の千家十職としても名高い家督のひとつが、永樂家です。西村家と共にこの伝統的な地位を守り続けており、より多くの人々に感動を与えている、そんな人物でもあります。10代を超えた頃から、茶道などの日本文化の地位が危ぶまれる事になってしまい、結果的に苦しい経営を強いられていた、と言われている永樂家。しかし、14代永樂善五郎などの尽力により、その名声を守り、茶道をより広く、そして大きく成長させていったのです。15代目の永樂善五郎は、14代永樂善五郎の甥として生まれ、晩年はその活躍からも永樂正全という名で活動をしており、多くの人々から愛され続けた、人物であったのです。

永樂善五郎の発展には欠かす事ができない、15代目永樂善五郎

 永樂正全は、14代目の没後、15代目を襲名します。妙全生存中も、手助けをするかたちで活動をしており、信楽などに赴いては、陶芸への研究と修行をおこないます。また、信楽だけでなく伊賀の写しも得意としていた事が注目されています。「神楽山」という彫名も知られていて、多岐にわたる活動が見えます。
 12代目の永樂善五郎の写しを得意としていたのも特徴です。名手と言われていた12代目の技法を再現することで、より永樂善五郎の時代を築けていた事が、このエピソードからもよく分かります。素晴らしい号の名付け親と言われているのが、建仁寺4世竹田黙雷老師です。短い期間でありましたが、永樂善五郎の発展には欠かす事ができない、人物だったのです。15代目永樂善五郎は茶道具でも、高価買取となります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談