茶道具買取 永楽家 [17代] 永樂善五郎

茶道具買取 永楽家 [17代] 永樂善五郎

長きに渡り、千家十職の焼物師として発展と進化を遂げて来ている家柄が、永樂善五郎です。初代からの努力と近代当当主達の伝統を守る方向性や、新しいアプローチなど、様々な観点からも評価されており、現代では17代目まで名が受け継がれています。永樂善五郎の17代目は、1998年に襲名を果たして以来、現在でもモダンで美しい侘びを感じさせる作品を多くて挙げています。

17代目永樂善五郎は努力をし続けた人物

17代目は、16代目の永樂善五郎の長男として京都に生まれています。研究熱心でもあり、様々な功績を残した16代目の背中を見て育った事からも、幼少の頃より一流の世界に身をおいていた事でも知られています。16代目は、千家十職による千松会等などを開催したり、茶道具の世界を広めるために努力をし続けた人物です。そういった焼物師の裾野を広げて行った父親に憧れながらも、また自らの独特な世界観を広めていく事を目的に、努力を続けているのです。 自らも、新たな作品造りといつかやってくる襲名の日に備え、東京芸大大学院工芸科などで研鑽を積み重ねて行きます。伝統的なこの家督を守り続けて行くことは、容易な事ではありません。そういった厳しく、注目されている環境の中でも、日々努力を続ける事で実力を身に着けて行ったのです。染付から色絵、金襴手という事もポイントですし、交趾に祥瑞等、華麗でまさに妖艶といった、そういった作品造りも注目されているのです。 現在では、新しい作品造りだけでなく、まだまだ若い、他の千家十職の発展にも父親同様の尽力をしているようです。現代的な茶道の世界は、外国でもとても注目されており、今までのようでは、発展は無いと考えています。そのために、とても斬新で作法を崩したような新たな茶道の楽しみ方なども、提言しています。今後、より活躍を続けて行く事になるだろう、17代永樂善五郎。茶道具買取においても、その名はより広まって行くでしょうし、期待が本当にもてる最高の作家ではないでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ