茶道具買取 永楽

茶道具で永楽と言えば、とても有名な焼物のひとつとして知られています。京焼のひとつとして、永楽家が代々作り続けている焼成であり、華やかな紋様などが散りばめられた美しい作品が多い事でも知られています。江戸時代に初代、永楽善五郎がはじめた焼物の事であり、現在でも当代が努力を続け伝統を守り、さらには新しい境地へ導き続けています。景徳鎮官窯などで以前、焼かれたものも永楽焼として呼ばれていますが、一般的には京焼の永楽焼が通説となっています。

永楽焼

さて、この永楽焼なのですが、生み出したのは、十一代保全という名という状態だったと言います。そして、紀州藩十代藩主徳川治寶にての御庭焼開窯に招かれた事がキッカケで生まれていたと言われているのです。その時に焼成した作品が、河濱支流で金印での「永樂」の銀印を拝領となった事から始ったのです。 結果的に、「永樂」の銀印を拝領してから永楽という名を名乗るようになった、この家督は12代からは全て名前を永楽姓となったのです。実際、以前は保全という名で通していたのですが、この事からも初代を永楽として名付けている事が分かっています。赤絵・金襴手という、どこか中国を思わせるデザインとなっており、非常にモダンな雰囲気を放っています。

独特の華やかさで外国でも高く評価される、永楽焼

この独特の華やかさは、やはり日本独自の雰囲気を持っているものであり、外国でも高く評価されています。永楽焼自体は、数多くの作品があります。茶碗であったり香合、平皿などとにかく数々の作品があります。勿論、茶碗であるなどの茶道具用の道具も手掛けており、京都の茶人達だけでなく、日本中の茶人にも愛される、そんな焼物でもあるのです。赤絵、交趾焼、仁清などの写しを施すものもあり、各当代が自らの力を発揮し続け、新たな永楽焼の時代を作り上げて来たのです。永楽焼は今後も、茶道具買取でも注目さてていくことです。新作も、とても素晴らしいですが、年代ものも貴重なので高値での取引となります。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ