茶道具買取 清水卯一

清水卯一 京都生まれの陶芸家で、人間国宝としても名高い人物といえば清水卯一です。清水卯一は、京都東山区に生まれており、京焼の伝統を守り続けています。京焼の特徴は、その現代的でモダンな作風。 そういった側面がある事からも、世界的にも非常に有名であり、清水卯一も広い舞台での活躍が注目されています。さて、そんな清水卯一なのですが、1926年に生まれています。幼少の頃より、何かしらを作ることに憧れていましたが漠然とした間隔の元、立命館商業学校へと通っていました。 しかし、その頃に中国陶芸などに強い感心を抱き、結果的に中退を決意。その後は、石黒宗麿に師事をして本格的に陶芸家を目指す第一歩を踏み出すこととなります。日々の陶芸研究に余念が無く、その真面目な正確を手伝い、徐々に実力を上げて行きます。結果的に、その後には国立京都陶磁試験場伝習生となります。 国立京都陶磁試験場伝習生を修了してからは、京都市立工業研究所窯業部助手として働きます。その期間にも仕事を通じて数々の陶芸と出会い、研究を重ねていくこととなりました。そして、京都市立工業研究所窯業部助手を経て遂に自宅工房を開きます。 そこで、陶芸活動に専念するために、完全に独立を決めます。1951年第7回日展で発表した作品「柚子肌釉大皿」で、日展入選。さらに、朝日新聞社賞においては、1953年から56年まではなんと4年連続で入賞をしています。 日本陶磁協会でも最優秀作家賞、そして、1960年には第7回日本伝統工芸展での作品「柚子肌釉大皿」で高松宮総裁賞などなど、まさに名誉ある賞を受賞し続けたのです。また、世界的陶芸家として名高くなるキッカケとなっているのが、1958年の「柿釉深鉢」。 この作品で、ブリュッセル万国博覧会グランプリを獲得したのです。重要無形文化財「鉄釉陶器」の保持者として、人間国宝ともなり、茶道具買取でも清水卯一は非常に高価買取となる作家の一人です。これからも活躍が期待されています。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ