【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。
20-21 年末年始の営業に関する
ご案内はコチラ ▼

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 漆仙
 大阪の塗師として名を馳せていた茶道具作りの大家が、漆仙です。美しい塗りの技術を持つ漆仙は、数多くの名作をこの世に残しました。武者小路千家の塗物も担当をしており、現存するものの中にも、漆仙の作品が多く残されています。 漆仙の作品の大きな特徴としては、やはりその薄造りという点ではないでしょうか。美しい木目を活かした写しの作品は、日本の美意識が感じられる素晴らしい作品となっています。また、作品の中でも比較的多いと言われているのが喰籠です。漆仙の生み出す作品は、品の良い光沢感と滑らかさがあり、その美しい姿は多くの名茶人たちの心を掴んで離しません。

素材選びから徹底している漆仙

 漆仙の作品の特徴はとにかくその素材選びから徹底している、というところにあります。塗師といっても、ただただ程度の高い塗りを施すだけでなく、その扱う素材にも気を遣わなければいけません。その点について、漆仙は非常に優れた感性を持っており、美しく素晴らしい作品をいくつも生み出しました。その手触りはとても品格に溢れており、独特の質感が茶道具ファンから愛されています。朱色の出し方にも定評がある漆仙は、浄法寺絵吸物椀が特に見事だと言われています。二代目川端近左を師に持つ漆仙だけに、師匠譲りの繊細な塗りが評価の高くなるポイントでもあります。岩手県の漆の名産地である浄法寺塗を写しとして塗りあつらえますが、とにかくその木目の美しさは逸品です。多くの作品を残しながらも、積極的に世に出て行くことがなかった、本物の塗師として今でも愛されています。茶道具買取においても、漆仙の作品は高価買取となります。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン