茶道具買取 瀬戸焼

瀬戸焼

愛知県瀬戸市、そして、その周辺地域で生産されている陶器の種類を、瀬戸焼といいます。陶芸茶道具の中でも取り分け知名度が高く、良い土から生み出されるという事で、瀬戸焼はとても人気の高い焼物です。さて、そんな瀬戸焼なのですが、日本六古窯の一つとして知られており、多くの陶芸家もこの瀬戸焼を手掛け、名作を数多く生み出しています。

ルーツと言われているのは、猿投窯

そんな瀬戸焼の歴史は、平安時代にまで遡ります。猿投窯と呼ばれていた、一大窯業生産地があったのですが、この窯がルーツであると言われています。ここで制作される陶器は高級食器として重宝されていましたが、時の流れと共に徐々に製品が粗悪化、結果的に衰退の一途を辿ることとなってしまします。 その後、鎌倉時代になると、施釉陶器の技法を伝えて行き、結果的にこれが瀬戸焼の技術の基礎となっていきます。その後、室町時代に突入すると、皿や鉢などが多く手掛けられ、結果的に日用雑貨としての陶器が多く生産されていきます。因みに、この時期のものを古瀬戸と呼んでいます。

生産の拠点は美濃に

その後、美濃での生産が盛んとなり、拠点が美濃になります。古瀬戸、そして瀬戸と分類されるなど、人気を博して行きますが、優美な絵付けと滑らかな質感で人気の伊万里焼と総称される磁器の登場により、瀬戸焼は衰退していきます。しかし、その後の様々な人々の尽力により復興を遂げて行き、結果的に日本を代表する窯となり、今に至るのです。 瀬戸焼に使われる釉薬なのですが、重に、黄瀬戸に瀬戸黒、志野、織部そして、鉄赤、灰釉と言われています。瀬戸黒などは、とても人気があり、茶の湯でも非常に重宝される焼物として知られています。また、織部焼も瀬戸焼を代表する釉薬の一種であり、数多くの種類を持ち、織部焼を手掛けた陶工達も、名を連ねています。今後、茶道具買取・瀬戸焼はより注目されていく他、新たな現代的な陶芸家達による、新たな世界も切り開かれて行くことでしょう。今後の流れに注目が集まります。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ