茶道具買取 瀬戸黒

瀬戸黒

愛知県の瀬戸市一帯で焼成されている焼物を、瀬戸焼と呼んでいます。この瀬戸焼は非常に独創的な色合いを出す、世界的にも知られる陶器として、現在では非常に注目されています。瀬戸焼自体は、とても種類が豊富で、その総称で瀬戸焼という言葉が用いられているのも、特徴のひとつなのではないでしょうか。 黄瀬戸や瀬戸黒、志野、そして織部に鉄赤、灰釉と、ひとつひとつに特徴があり、どれも素晴らしい陶器として茶人達にも愛されています。さて、そんな瀬戸焼の中でも取り分け注目されているのが、瀬戸黒という焼物です。

焼成中の絶妙なタイミングを見計らうのが、陶芸家達の腕の見せ所

瀬戸黒が誕生したのは、安土桃山時代と言われており、総黒という表情が独特であると当時より異質な存在として扱われていました。織部黒、そして黒織部という似たような種類の陶器があるのですが、制作方法としては基本的いは同じといわれています。焼成中に釉薬の溶け具合を見計らい、その絶妙なタイミングでの引き出しが陶芸家達の腕の見せ所であると言われています。 鉄釉を漆黒食に仕上げているのですが、高温で焼きあげてから急冷させるので、かなり耐久力はあると評判です。また、この瀬戸黒の大きな特徴としては、作られたものが、主に茶碗がメインであるという部分です。作り上げることに関して、非常に制約がある上に、注文が入って作るというようなスタイルだったのか、多くの茶人用に好まれるものしか残っていないとの事です。 逆に、茶碗以外の瀬戸黒が残っているとすれば、それは大変貴重なものとなりますし、相当高値が付けられると考えられます。かの千利休も、赤茶碗に比べて侘び寂びを感じさせる、この黒系の茶碗に傾倒していたという事でもあり、やはり当時より瀬戸黒はとても人気が高かったのではないでしょうか。 また、この瀬戸黒自体、天正時代より制作されていた事もあり、天正黒という別名も持ち合わせているようです。今後、茶道具買取でも高い人気を誇ることは間違いないでしょう。茶道具買取・瀬戸黒には、常に注目が集まります。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ