茶道具買取 田村耕一

田村耕一

 田村耕一は人間国宝として多くの名品を生み出した希代の陶芸家として知られている人物です。数々の賞を受賞しながらも、その実直で真面目な陶器作りは、晩年に至るまで力強く、一縷の濁りも無い強い意志の下で続けられています。
 田村耕一は栃木県佐野市富岡町に1918年に生まれています。幼少の頃よりものづくりへの興味を強く示しており、本格的に芸術分野の研究を続けるべく、東京美術学校工芸科図案部に入学。そして、同校卒業後、私立南海商業学校のデザイン教師として就職しました。その後、兵役に服します。戦後、次の行動を摸索する田村のもとに富本憲吉から誘いが入ります。輸出陶磁器のデザイン研究所設立に参加しないか、というものだったといいます。その誘いを受け、京都で同研究所設立へと尽力します。その数年後に佐野市久保町に倒焔式の薪窯を築くこととなり、陶芸家として一歩を踏み出しました。濱田庄司氏の推薦を受け、益子の栃木県窯業指導所技官としても活躍、さらに登り窯も築きます。自らの窯を構えて作品作りに没頭していく中、ついに1957年には日本陶磁協会賞を受賞することとなります。さらに、その翌年、第16回新匠会展で富本賞を受賞します。田村の作品は文化財保護委員会買上や東京近代美術館買上、京都近代美術館買上と、その実力が徐々に認められ始めました。
 日本はもとより世界的にも評価の高い田村耕一の作品。トルコのイスタンブール国際陶芸展にてグランプリ金賞、第3回ジャパン アート フェスティバル「国際芸術見本市アメリカ巡回展」での2ヶ月間に及ぶ指導など、常に世界を見据えた活動も行っています。そして1986年、鉄絵陶器で重要無形文化財保持者として選ばれることとなったのです。1987年に死去した後には、名誉ある勲三等瑞宝章受章を受賞しています。今後も茶道具買取では、田村耕一は高価買取となります。田村耕一は、注目し続けるべき陶芸家のひとりなのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ