【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 田村耕一

田村耕一

 田村耕一は人間国宝として多くの名品を生み出した希代の陶芸家として知られている人物です。数々の賞を受賞しながらも、その実直で真面目な陶器作りは、晩年に至るまで力強く、一縷の濁りも無い強い意志の下で続けられています。
 田村耕一は栃木県佐野市富岡町に1918年に生まれています。幼少の頃よりものづくりへの興味を強く示しており、本格的に芸術分野の研究を続けるべく、東京美術学校工芸科図案部に入学。そして、同校卒業後、私立南海商業学校のデザイン教師として就職しました。その後、兵役に服します。戦後、次の行動を摸索する田村のもとに富本憲吉から誘いが入ります。輸出陶磁器のデザイン研究所設立に参加しないか、というものだったといいます。その誘いを受け、京都で同研究所設立へと尽力します。その数年後に佐野市久保町に倒焔式の薪窯を築くこととなり、陶芸家として一歩を踏み出しました。濱田庄司氏の推薦を受け、益子の栃木県窯業指導所技官としても活躍、さらに登り窯も築きます。自らの窯を構えて作品作りに没頭していく中、ついに1957年には日本陶磁協会賞を受賞することとなります。さらに、その翌年、第16回新匠会展で富本賞を受賞します。田村の作品は文化財保護委員会買上や東京近代美術館買上、京都近代美術館買上と、その実力が徐々に認められ始めました。
 日本はもとより世界的にも評価の高い田村耕一の作品。トルコのイスタンブール国際陶芸展にてグランプリ金賞、第3回ジャパン アート フェスティバル「国際芸術見本市アメリカ巡回展」での2ヶ月間に及ぶ指導など、常に世界を見据えた活動も行っています。そして1986年、鉄絵陶器で重要無形文化財保持者として選ばれることとなったのです。1987年に死去した後には、名誉ある勲三等瑞宝章受章を受賞しています。今後も茶道具買取では、田村耕一は高価買取となります。田村耕一は、注目し続けるべき陶芸家のひとりなのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン