茶道具買取 益田鈍翁

益田鈍翁

 益田鈍翁は、益田孝として日本国内の経済に大きな影響を与えた人物です。三井財閥を支えた実業家で、その功績は日本経済の発展に大きく寄与しています。益田鈍翁は茶人としての顔もあり「千利休以来の大茶人」と言われるほどの功績をあげており、現在でも茶道具の世界で重鎮として知られています。
 新潟県佐渡市に生まれており、明治大学卒業後、在日アメリカ公使館に勤務しており、英語も堪能であったと言われています。その後、三井物産設立とともに初代総轄となり、大きな功績を残しました。実業家としての一面は広く知られている一方で、芸術分野でもよく知られています。
 益田鈍翁は、明治中期頃から茶道にたしなみはじめており、小田原の板橋に茶席を作りました。別邸掃雲台を造営しており、多くの茶席を建てました。この革命は後の小田原を変化させる契機となりました。それは近代茶人の多くが小田原箱根を拠点として活動するということが、益田鈍翁が最初と言われているからなのです。また、益田鈍翁と言えば茶器集めも有名で、蒐集家と言われるほどの量を持っていました。
 益田鈍翁という号はとてもユニークなものと思われるでしょうが、そのきっかけは彼が収集した茶器のひとつが鈍太郎という名だったことに由来しています。それは表千家6世家元原叟宗左の制作した茶碗で、この作品をとても気に入っており、結果的に自らの名前を益田鈍翁としたのです。また、陶芸の収集だけではなく、芸術分野に広く精通していたことからも、仏教美術や古筆も集めており、多くの素晴らしい作品を収蔵していました。茶道具買取に関しても、益田鈍翁は注目されています。今後、まだまだ大きな話題となっていくでしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ