茶道具買取 磯井如真

茶道具買取 磯井如真

磯井如真

 茶道具の世界でも素晴らしい作品を数々仕上げていった漆芸家といえば、磯井如真。伝統的な技術を用いながらも、その高い想像力と造形力で多くの名作を生み出していきました。勲四等旭日小綬章を受賞しているなど、高い名声も持ち合わせており、その名は陶芸界でも知らぬものもいない、という重鎮として知られているのです。
 さて、そんな磯井如真なのですが、生まれは香川県高松市です。多くの工芸品を生み出す事でも知られているこの街で育ち、多くの刺激を受けてきたと言われています。ものづくりの世界に憧れを抱き、香川県立工芸学校で学びながら基礎を固めていきます。香川県立工芸学校を卒業した後には、大阪山中商会へ入り、中国漆器の修理などに携わる事となります。その時に習得した技は、後の磯井如真の作品に大きな影響を与えました。漆芸家として中国の技術を無視する事はできないという考えから、この当時の経験が色濃く残っている様子が彼の作品から窺い知ることができます。
 中国漆器の技術を習得した後に、故郷である高松へ戻る事を決意します。そこで、製法が途絶えてしまったと言われている香川漆器の研究に没頭していきます。茶道具の世界でも高い評価を得ていた香川漆器なのですが、後継者不足などから衰退していき、幻の漆器とも言われていました。しかし、磯井如真の尽力により香川漆器の復興、そして近代化が確立されていったのです。香川県で生み出される漆器の数々は讃岐漆器とも言われており、その祖とも言われているのが、磯井如真なのです。
 磯井如真の名声を大きく上げていったのが、点彫り蒟醤(キンマ)という独自の技法です。この功績が認められて、重要無形文化財「蒟醤」の保持者として讃えられる事となったのです。茶道具買取に関しても、磯井如真の作品は非常に注目をされています。これからも価格が上がり続ける作家の一人なのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ