【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 細川護熙

細川護熙

 近代日本の政治家の頂点にたった人物のひとり、細川護熙。内閣総理大臣として活躍した後、陶芸家として新たな人生をスタートさせたことでも話題となりました。細川護熙の作品は、多くの人々に人気を博しており、現在では茶道具買取においても大きな市場価値を占めており、とても注目されています。
 細川護熙は「半泥子の再来」と言われるほどの腕前を持っています。その陶芸への精神は晴耕雨読であり、まさに「半泥子の再来」と言われるまで陶芸に没頭する日々を送っています。細川護熙は、内閣総理大臣を退いた後の1998年頃から陶芸活動を初めており、徐々にその実力に磨きをかけていきます。現在では、茶碗ひとつとっても非常に高価ですが、その価格に見合うだけの素晴らしい作品ばかりです。
 細川護熙は神奈川県の小田原に工房を構えており、温泉街の喧騒を離れた場所でひっそりと作陶生活を続けています。その工房は非常に研ぎすまされた空間となっており、耳を潜めれば清流の流れなどが聴こえるようなところです。また、自らの工房のことを「不東庵」という名にしています。陶芸家としても非常に注目されている人物なのですが、書や画なども手掛けており、それらの作品もとても評価が高いです。政界を退いてからの十数年は、全てこの芸術生活に身を捧げていて、新たな現代芸術家としての一面を見せているのです。さらに、その工房の中には茶室も用意してあり、建築家・藤森照信が手掛けています。細川家が持つ歴史的な国宝や重要文化財がある「永青文庫」の理事長も務めており、芸術への思いも幼少の頃から強かったことが見て取れます。日本の頂点に立ちながらも、新たな世界への挑戦精神を忘れることのない革命者、細川護熙。茶道具買取においても今後も注目すべき作家のひとりでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談