茶道具買取 織部焼

織部焼

日本を代表する焼物と言えば、やはり美濃焼。そして、その美濃焼の中でも取り分け人気と伝統があるのが、織部焼ではないでしょうか。桃山時代に生み出されたこの織部焼ですが、歴史的には志野焼の後に生み出された、というように言い伝えられています。さて、そんな織部焼が生まれたのは、古田織部という人間の功績によるものです。 古田織部自体、千利休の弟子であり、自らは大名茶人でもありました。その、古田織部の指導の元に、織部好みの茶陶が当時の陶工達により数々生み出され、結果それが織部焼として残って行く事になったのです。因みに、織部焼のルーツは中国の交趾焼とも言われており、当時、中国南方から伝来した、この陶器を元にしていると言われています。 窯としては、元屋敷窯が有名ですが、当時から大量生産されていたこともあり、広まるには時間を有することなく、多くの名品が生まれています。数多くの美術品を当時扱っていた、京都の三条界隈には「唐物屋」という道具屋が多くあり、ここでも既に織部焼が扱われていた、という記述も残っているようです。

陶工達の遊び心が詰められた、独特な作品

織部焼の独特な部分としては、数多くの種類と、若干歪みをつけたものや、色、そして文字、紋様が自由に描かれていたことでしょう。自由闊達な陶工達の遊び心が詰め込まれた、特有の陶器達は、多くの人々の心を魅了し続けていました。種類としては、釉薬の違いで、様々な色合いを出すものがあります。 赤織部、志野織部、そして黒織部、さらには織部黒と、その製法などが若干違っているので、それぞれに用途なども違っています。市松模様や幾何学模様といった、モダンな絵付けも多く見られており、他の陶器と比べれば独創性の高い焼物であったことが見て取れます。さらに、それぞれに違う絵付けなどを施し、全く同様のものを作らないという、独特の製法も他とは差別化される理由のひとつとなっています。茶道具買取でも、織部焼は人気の陶器となっています。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ