茶道具買取 花入

茶道具買取 花入

 茶道の世界において、非常に大切とされているものの一つが花入です。花は茶室の潤いのいっぷくの絵とも評されるほどです。その花を入れる器で使われているのが、花入れです。花入はどのように作られているのか、そしてどんな花入が重宝されているのか、ここで紹介していきます。花入には様々な種類があり、その使われている素材もとても多いです。まずは、銅器などの金物です。そして、陶器類などに代表される焼物、竹籠などの木工類があります。

茶の湯では使い方にも多くのバリエーションがある、花入

 素材によって形や表面感が違っていて、奥深い印象があります。また、花入といえばテーブルなどに置いてある、花瓶のイメージですが、茶の湯における花入は使い方にも多くのバリエーションがあります。置いて使うものはもちろん、壁にかけるタイプ、吊り花入、天井唐花入を吊るして使うタイプなど、様々な種類が存在しています。花入にもレベルがあり、一番品格が高いものが、古銅や青磁、染付などです。これらは大切な来客者にもてなされるためのもので、相手も茶の湯の知識があれば、とても丁寧にもてなされているという印象を受けるはずです。通常の場合は一般的な陶磁器が使われる場合が多いようです。こちらは、通常のおもてなしを受けていると理解すれば良いでしょう。そして、普段使いのカジュアルなタイプとなると、素焼きなどが多いです。気心知れた間柄では、これもまた良いでしょう。茶道具買取においても、この花入は大変貴重とされていますし、今後も重宝されるでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ