【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 若尾利貞

若尾利貞

 志野の技法を独学で学び、数多くの名作を生み出し続けた人物が若尾利貞です。陶芸とは全く別の仕事をしていながらも、自由な時間で陶芸づくりに没頭。若尾利貞は、雅な世界観を築き上げることに成功し、今でも多くの人々の心を感動させています。
 若尾利貞は生まれが1933年です。岐阜県多治見市という陶芸の街で生まれています。幼少の頃より当たり前のように陶芸が周囲にあるという生活を続けてきたため、心のどこかに憧れがあったのかもしれません。ある日、美濃桃山陶に心を奪われ、それから志野の技法を学び始めました。陶芸のスタートとしては、年齢的に決して早くはなかったのですが、熱意ある研究には周囲の人間も感動を覚え、手助けされながらも作品を手掛けました。志野の研究を続けながら、1970年に独立を決意、陶芸家としての第一歩を歩み始めました。当初、苦労もあったようですが、後に大きく活躍することに。
 美濃桃山陶を最大限表現することを目的としていたことが、高く評価されました。その独特の作品は、美濃桃山陶の伝統を踏まえながらも、どこか雅に富んだ美しくきらびやかなものです。個性が非常に強いのですが、主張し過ぎず、品のよい仕上がりは、多くの陶芸ファンの心を掴んで止まないのです。美濃桃山陶を研究し、自らの技術を磨いた結果、志野・鼠志野を完成させました。この技法は、鬼板の施釉方法に加え、微妙な焼成技術を掛け合わせることで生まれる、独自の技術です。この技術が、多大な功績を残したということで、岐阜県の重要無形文化財保持者として讃えられます。日本工芸会正会員としても活躍しており、常に注目される人物だったのです。茶道具買取でも、若尾利貞は高価買取となるので注目していくべきでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談