茶道具買取 茶入

茶道具買取 茶入

茶入

茶道の中でも重要な素材として用いられるのが、茶入でしょう。茶道では欠かす事のできない、抹茶を入れるために作られた茶道具でもあり、その茶器全体を総称して茶入という名が付けられるとの事です。さて、陶磁器製の茶器を表す事が一般的でもあり、象牙などが用いられます。 フタの裏部分には金箔が施される事も少なくなく、豪華絢爛なものもあります。擂茶壺などとも呼ばれた時期があったり、濃茶器などと言われる場合もあり、茶入となっても、その定義は非常に広いのが特徴的でもあるようです。さて、そんな個性が強い訳でも無い茶入れですが、この存在に美意識を感じるのが日本人特有のポイントでもあり、特性として茶道では思われてるようです。

室町時代以前のものは貴重であり高価

さて、そんな茶入なのですが、唐物茶入れや国焼茶入と、分けられていることが特徴となっています。まず、唐物茶入なのですが、こちらは中国で作られたものといわれています。大体、時期的にみても室町時代以前から伝えられているものであり、その時代のものであれば、非常に貴重であり高価という評価が得られるようです。 さらに、国焼茶入となると、日本で作られているものとして知られています。瀬戸が茶入の制作をはじめた事でも知られており、国焼茶入は、瀬戸焼となっているために、その瀬戸以外で焼かれたものが、こういったネーミングで呼ばれているようです。さて、その種類なのでしが、大海というものがあります。 こちらは、上にすぼまって行くカタチをしているものであり、格式はかなり高いとされています。漆塗りの盆の乗せる事が決まっており、文琳、尻膨というように区別されていくようです。また、茄子もひとつ。こちらも格式は高いようです。肩衝は、非常に力強い印象を与える事でも人気があり、結果的に今生産されているものは、この肩衝が多いというように言われています。今後、茶道具買取・茶入でも高く評価されていく事は間違いはありません。是非、注目していきましょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ