【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 茶入

茶入

茶道の中でも重要な素材として用いられるのが、茶入でしょう。茶道では欠かす事のできない、抹茶を入れるために作られた茶道具でもあり、その茶器全体を総称して茶入という名が付けられるとの事です。さて、陶磁器製の茶器を表す事が一般的でもあり、象牙などが用いられます。 フタの裏部分には金箔が施される事も少なくなく、豪華絢爛なものもあります。擂茶壺などとも呼ばれた時期があったり、濃茶器などと言われる場合もあり、茶入となっても、その定義は非常に広いのが特徴的でもあるようです。さて、そんな個性が強い訳でも無い茶入れですが、この存在に美意識を感じるのが日本人特有のポイントでもあり、特性として茶道では思われてるようです。

室町時代以前のものは貴重であり高価

さて、そんな茶入なのですが、唐物茶入れや国焼茶入と、分けられていることが特徴となっています。まず、唐物茶入なのですが、こちらは中国で作られたものといわれています。大体、時期的にみても室町時代以前から伝えられているものであり、その時代のものであれば、非常に貴重であり高価という評価が得られるようです。 さらに、国焼茶入となると、日本で作られているものとして知られています。瀬戸が茶入の制作をはじめた事でも知られており、国焼茶入は、瀬戸焼となっているために、その瀬戸以外で焼かれたものが、こういったネーミングで呼ばれているようです。さて、その種類なのでしが、大海というものがあります。 こちらは、上にすぼまって行くカタチをしているものであり、格式はかなり高いとされています。漆塗りの盆の乗せる事が決まっており、文琳、尻膨というように区別されていくようです。また、茄子もひとつ。こちらも格式は高いようです。肩衝は、非常に力強い印象を与える事でも人気があり、結果的に今生産されているものは、この肩衝が多いというように言われています。今後、茶道具買取・茶入でも高く評価されていく事は間違いはありません。是非、注目していきましょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談