茶道具買取 茶壺

茶壺

茶道具の歴史の中でも、昔から使われており、そして今でもその存在は貴重とされているのが、茶壺です。茶壺というとあまりピンと来ない方も多いようですが、石臼で碾茶を保存する目的で作られる陶器製の壷の事を一般的に、茶壺というように呼んでいます。小さなものから、大きなものまでが揃っているようなのです。 さて、そんな茶壺なのですが、歴史もしっかりあるので見て行きます。まず、この茶壺なのですが、一見かなり地味でシンプルなものに見られますが、釉薬のかかる壷自体は輸入に昔は頼っていた時代がありました。 現在のように、機械やマニュアルがしっかりあって工場などで作られている訳ではなく、そのそれぞれに特徴があったと言われ、その中でもキレイで出来の良いものが選ばれていた、という事で知られています。さらに、この茶壺なのですがフィリピンからのルソンと呼ばれるものに関しては、重要視されているようです。この茶壺なのですが、非常に独特な紋様があったり釉薬などが塗られており、シンプルというよりは装飾的なデザインとなっています。

観賞用の茶道具としても価値が高い

逆に、こういったもので無いものに関しては真壷というような呼ばれ方をする、という事になっているようです。さて、そんな壷なのですが、室町時代には茶道具の中でも、もっとも重要視されていた時期があるようです。茶壺自体は観賞用の茶道具としても非常に価値が高く、その中でも「注連の縄」という銘が付けられたほどです。 実は、この「注連の縄」という銘が付けられたのが、茶道具に銘が付けられた、本当に最初だとも言われているようです。さて、茶の湯が盛んになって行くと、茶入自体の利便性や装飾の幅の広さなどにも関係し、茶壺の存在は少なくなっていったようです。しかしながら、備前焼であったり信楽焼などでの茶壺は特に有名であり、江戸時代などの作品には高く金額が付けられるようです。茶道具買取でも、この茶壺は非常に重宝され、注目されます

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ