茶道具買取 茶杓

茶杓

茶道具で重要とされているものの中に、茶杓があります。茶杓は、抹茶を点てるための重要な道具でもあり、繊細であるが故に、とても注目されてる茶道具の一種となっています。さて、そんな茶杓なのですが、匙という事になっています。

茶事や茶会の度に作られるのが一般的

茶をすくい、茶碗へと入れるための道具です。普段は筒の中に収められておるようになっており、この筒に銘が記されます。この銘によって価値が大きく変化していくために、筒がとても大切な要因となっているようです。茶事や茶会など、その度に作られているのが一般的であり、保存をしておくという習慣は無いようです。 そのためか、古く残されているものが酷く少なく、千利休が死の間際に作って古田織部のものなどは、かなり貴重なものなっているのです。茶杓の素材なのですが、主に竹にはなっています。しかしながら、この文化などが日本に渡来してからは、象牙や鼈甲などが使われていたようで、侘び寂びとはまた違うものとされていたのだそうです。

いぶされた素材は茶人達に人気

しかしながら、利休の時代になっていくと、竹製のものが生み出され、結果的に白竹を使用する事が主になっています。囲炉裏の天井部分や屋根で、いぶされた素材などを使う事があり、その侘び感は素晴らしいという事で、茶人達には人気となっているようです。 因みに素材に使われる事の多い竹なのですが、こちらは大体3年ほど成長したものが一般的と言われており、枝が一本で樋が深いという作りが特徴となっています。長さ的には、20センチメートル前後ではありますが、短いものに関しては17センチメートルほどとなっています。 点前により真、行、草と削られており、無節、止め節、中節などという事になるものもある、と言われています。丸形や一文字形、剣先形とカタチが変わっており、兜巾形に平丸形。葉形、宝珠形というように種類が分類されているのが、特徴的であると言われています。茶道具買取・茶杓でも、未使用のものなど、素晴らしいものは高額となっているようです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ