【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

茶道具買取 茶杓

茶杓

茶道具で重要とされているものの中に、茶杓があります。茶杓は、抹茶を点てるための重要な道具でもあり、繊細であるが故に、とても注目されてる茶道具の一種となっています。さて、そんな茶杓なのですが、匙という事になっています。

茶事や茶会の度に作られるのが一般的

茶をすくい、茶碗へと入れるための道具です。普段は筒の中に収められておるようになっており、この筒に銘が記されます。この銘によって価値が大きく変化していくために、筒がとても大切な要因となっているようです。茶事や茶会など、その度に作られているのが一般的であり、保存をしておくという習慣は無いようです。 そのためか、古く残されているものが酷く少なく、千利休が死の間際に作って古田織部のものなどは、かなり貴重なものなっているのです。茶杓の素材なのですが、主に竹にはなっています。しかしながら、この文化などが日本に渡来してからは、象牙や鼈甲などが使われていたようで、侘び寂びとはまた違うものとされていたのだそうです。

いぶされた素材は茶人達に人気

しかしながら、利休の時代になっていくと、竹製のものが生み出され、結果的に白竹を使用する事が主になっています。囲炉裏の天井部分や屋根で、いぶされた素材などを使う事があり、その侘び感は素晴らしいという事で、茶人達には人気となっているようです。 因みに素材に使われる事の多い竹なのですが、こちらは大体3年ほど成長したものが一般的と言われており、枝が一本で樋が深いという作りが特徴となっています。長さ的には、20センチメートル前後ではありますが、短いものに関しては17センチメートルほどとなっています。 点前により真、行、草と削られており、無節、止め節、中節などという事になるものもある、と言われています。丸形や一文字形、剣先形とカタチが変わっており、兜巾形に平丸形。葉形、宝珠形というように種類が分類されているのが、特徴的であると言われています。茶道具買取・茶杓でも、未使用のものなど、素晴らしいものは高額となっているようです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談